タイトル:   いわきの磯で考えること  
ランナー: 秋元 義正



いわき市の海岸では、昔から季節毎に貝類や海藻類を採集してきた。
お金があればなんでも買える現在と違って、人々の生活が貧しかった時代には、地元で採れる貝類や海藻類は貴重な食料源となっていた。
その頃は、漁業者も市民も海に親しむ機会も多く、今よりも皆が海に関心を持っていたような気がする。
各地の岩礁域では、冬には岩ノリやオババノコシマキ(ヒリジメン)、シウリガイが、春にはマツモ、ワカメ、イガイ、シウリガイ、ヒジキ、フクロノリ、ツブが、夏にはアサリ、シウリガイ、テングサ、ワカメ、カラシナンコウなどが採取されていた。
漁村の婦人達は、これら収穫物を背負い籠やリヤカーに積み込み、湯本の炭鉱住宅や平町の商店街などに売りに出かけたものである。

しかし、日本が経済的に豊かになると、沿岸水の汚染が進行するとともに、外国から安い水産物が大量に輸入されるようになり、かつてほど地元の貝類や海藻類は食べられなくなってしまった。
このため、昔から行われていた磯漁業(磯からワカメ、ヒジキ、フノリ、シュウリ貝、イガイ、アワビ、ウニなどを漁獲する漁業)は、アワビ、ウニなどの高級食材を除いて、自然消滅の状態に追い込まれている。

漁獲量が非常に減ってしまった一例がワカメである。
ワカメは昭和40年以前には、いわき七浜の各漁村で約700トンも漁獲されていたが、現在では植田漁業協同組合を除いてほとんど漁獲されていない。
他の地区では海にワカメが繁殖していても、漁業者は採集せず放置されたままの状態である。

一方でいわきの名産品として有名なアワビ、ウニは根強い人気があり、地元漁港拡張整備工事により漁場を消失した沼の内地先を除き、各地先では増産のために積極的にアワビやウニの人工種苗放流を基盤に資源管理型漁業を推進してきた。
しかしながら、沿岸域の開発に伴う磯の消滅や水質悪化などで漁場の生産性は低下しており、漁獲量は昭和40年中頃から減少し、各地先漁場とも現在では豊漁年時の1/3以下の低水準となっている。

いわきの海の名産品である「アワビ」「ウニの貝焼き」の生産を維持していくためには、磯場の漁業環境を保全して海藻の繁殖を助長していく必要がある。
しいてはそれが、いわきの美しい海岸の景観を保全することにつながる。

小名浜の三崎公園に汐見台という海に突き出た展望台がある。
ここから海を見下ろすと、海水が透明な時は、岩礁域と砂場の境界がはっきりしており、目の良い方ならばアラメやワカメが繁殖しているのが見える。
しかし、海水が濁ると岩礁域と砂場の境界も分からず、海の景観も台無しとなる。海岸の景観を美しく保つにはまず海水がきれいでなければならない。
そのためには、海水中の栄養塩(P,N)やミネラルを吸収して海水を浄化する浅瀬岩礁域一面に繁殖するアラメ、アジモ、ホンダワラ類、テングサ、ワカメ、アカバなどの種々の海藻類を始めとし、そこに生息する貝類や微小動物を保全していく必要がある。
また、海藻が繁殖したガラモ場やアマモ場は、稚魚の生育場、隠れ場、生息場となり、海藻に付着している微生物や付着性動物は魚類、蟹、海老類の餌となって役立っている。
さらに、海藻類はウニやアワビなどの餌はもとより、磯に生息するイガイ類、フジツボ類、ホヤ類、カニ類などの多くの生き物が生息して海水中の浮泥を餌として海水を浄化している。

各河川からは海へニゴリの元となる栄養塩や懸濁物が大量に流入している。
特に最近は大雨後の増水時には懸濁物は増大している。この懸濁物には有機物と無機物があり、無機微粒子のシルト、粘土、砂は広く拡散し、海底に着底するまで透明度を下げてしまう。
無機微粒子が多いと、水の濁りがひどくなり、海藻の同化作用を阻害し、海藻を消滅させる磯焼けにつながるとの説もある。
さらに、無機微粒子が海底に沈着するとき、岩礁域の表面を覆い、微生物や海藻胞子などを死滅させる。
また、河川からの窒素、燐栄養塩の増加は特定プランクトン異常繁殖による赤潮や青潮などを引き起こし、海水透明度を悪くし、海藻類の同化作用を阻害する。
磯の海藻を保全するためには海のニゴリを防がなければならない。

森に木を植え、海に流れ込む栄養塩(N,P)やミネラルを豊富にして、海藻類を増やす試みが各地で行われている。
いわきの沿岸域についても、海藻を繁殖させるための河川の水質改善や沿岸域の環境保全について具体的に考えていくべきであろう。


次回のランナーは、原田正光 さんです。