NPO法人 いわき環境研究室 の設立について


 当会は20年間に渡る活動の中で,様々な環境研究成果や環境データ,環境教育に関するノウハウなどを蓄積してまいりました。これらをさらに発展させ,いわき地域の環境問題の解決や,地域での環境啓蒙,環境教育などについて具体的な活動を行っていく団体として,当会と強い協力関係の元に特定非営利活動法人(Non-profit Organization,NPO法人)が設立されました。設立の経緯や趣旨,当会との関わりについては以下をご覧下さい。


1.経緯

(1)平成19年8月31日 設立総会開催
 ①設立趣意書, ②目的, ③事業内容, ④役員 を決定

(2)平成19年9月12日 福島県知事宛 NPO法人の設立認証申請書提出

(3)平成19年12月21日 福島県知事よりNPO法人の認証を受ける

(4)平成19年12月26日 法務局宛NPO法人設立登記申請書を提出


2.NPO法人いわき環境研究室の内容

(1)設立趣意書(このページ下段をご参照下さい。)

(2)目的  地域環境の質の向上を願う市民と共に地域環境についての調査研究,政策提言ならびに環境改善のための諸活動を行ない持続可能な地域づくりに寄与すること。

(3)事業内容

①地域環境についての調査研究および政策提言に係る事業
②地域環境についての教育に係る事業
③地域環境を改善するための諸活動に係る事業
④その他,本法人の目的を達成するために必要な事業

(4)役員 理事長(橋本孝一),副理事長(大平恭二),理事(松崎和敬,引地宏,和田佳代子),監事(江尻勝紀,佐藤烈)

(5)いわき地域環境科学会との関係  ( 関係イメージ図 をご参照下さい。)


3.今後の活動について

(1) 科学会は今まで通り,情報交換会,勉強会,研究発表等を中心とした活動を行っていくのに対して,NPO法人は環境教育の実践や地域環境改善のための諸活動など具体的な行動を展開していく。

(2) 科学会の会員は現役世代を含めていろいろなメンバーで構成されており,主たる活動の時間は休日や勤務時間外が中心になっているが,NPO法人は月〜金曜日を含めて常時活動できるメンバーが中心となる。



NPO法人「いわき環境研究室」設立趣旨書

1.趣旨

本法人は,地域環境の質の向上を願う市民と共に地域環境についての調査研究,政策提言並びに環境改善のための諸活動を行ない,持続可能な地域づくりに寄与することを目的として設立する。
具体的な事業としては, 

1)地域環境についての調査・研究及び政策提言
2)地域環境についての教育に係わる事業
3)地域環境を改善するための諸活動
を中心とした事業を展開していく。

2.申請に至るまでの経過
「いわき環境研究室」は,本年8月に新設した組織である。本組織は,既存の組織である「いわき地域環境科学会」(以下「科学会」という)(昭和63年5月設立)の会員が中心となり,これまでの科学会の活動成果の発展的展開を図ると同時に,新たに地域環境の改善に寄与するような本研究室独自のテーマを掘り起こす調査・研究とそれらの成果を基に政策提言をも行っていく。そのため,特定非営利活動促進法による設立準備を進め,平成19年8月31日設立総会を開催するに至った。